着物ビギナー実践編!

普段着着物に地下足袋という選択肢!機動力高いし悪路もへっちゃら!

地下足袋スニーカーという選択肢!

普段着着物、楽しんでますか?

でも、着物初心者あるあるで…、

雪駄が履き慣れなくて、足が痛い!!

って人も多いのでは!?

雪駄で地味にイヤな事…。

  • 気軽に駆け出せない!
  • 長距離歩くと流石に足が痛い!
  • 小石が足袋と雪駄の間に挟まって痛い!
  • お気に入りの足袋が汚れる!
  • 突然の雨で足袋が濡れて不快感!

「ああ~っ!もうっ!」ってなります。

そこで、そんな普段着着物に地下足袋という選択肢を加えてみませんか?

この記事では、こんな事が書いてあります!

  • 雪駄で地味にイヤな事とは?
  • 普段着着物に地下足袋という選択肢はどうでしょう?
  • 地下足袋でのお出かけ体験談!
  • お洒落な地下足袋スニーカーを扱うお店をご紹介!

地下足袋を履くと、着物の雰囲気を壊さずに革新的な機動力をもたらし、多少の雨や悪路もへっちゃらになるんです!

今回はそんなお話。

雪駄で地味にイヤな事とは?

雪駄と足袋

着物の足元は、足袋に雪駄が定番です。

でも、地味にイヤな事が!

駆け出せない!

電車やバスに乗り遅れそうだから、ちょっと駆け出したい時ってありますよね?

でも、雪駄で駆け出そうものなら雪駄は脱げます!

足が痛い!

着物初心者なら尚更です。

鼻緒で擦れて皮が剥けたり、踵にマメができたりします。

雪駄で長距離歩くと、履き慣れていても痛くなることが!

小石が挟まる!

砂利道を歩くと、小石が足袋と雪駄の間に挟まることも。

足ツボばりに痛くて、声が出る!

足袋が汚れる!

足袋は結構汚れます。

お気に入りのお洒落足袋なら最悪です。

主に踵が汚れてしまいます。

泥を雪駄がすくってしまって、着物を汚すこともあり。

足袋が雨に濡れると気持ち悪い!

雨が降れば、当然足袋は濡れます。

足袋が雨で濡れると、これが何とも気持ち悪い!

いやいや、これは不快感!

普段着着物に地下足袋!

地下足袋

そんな普段着着物の履物に地下足袋という選択肢はどうでしょう?

和の雰囲気は残して、メリットたくさん!

地下足袋とは?

地下足袋は、明治時代に布地の足袋にゴム底を縫い合わせ、外履きにしたもの。

現在では、種類は2つ。

  • 昔ながらの製法の「縫い付け足袋」
  • 近年の製法で、加熱処理で布地とゴム底を張り合わせた「貼り付け足袋」

地下足袋の特徴は、

  • 足の指先が親指と残りの4本指に分かれている
  • くるぶしの辺りに付いている「こはぜ」と呼ばれる留め具で足の締めつけ具合などを調整
  • 履き心地は裸足に近い感覚

機動力高いし悪路もへっちゃら!

そんな地下足袋のメリットは…、

  • 脱げないから駆け出せる
  • 長距離歩いても痛くならない
  • 当たり前だけど小石は挟まらない(笑)
  • 汚れてもお手入れは簡単
  • 撥水・防水ではないものの多少の雨なら問題なし

と言った、たくさんのメリットがあります!

安価なものなら祭り用品店へ

ただ、地下足袋と言っても何でも良いワケではなく、トビ職人さんの使うような裏が薄いもの(足の感覚重視)はおススメしません。

選ぶなら、祭り用品店にある地下足袋は、安価な上、底が厚く、エアー入りのものもあるのでいい感じです。

地下足袋スニーカーというジャンル

そして最近、地下足袋とスニーカーのいいとこ取り、かつオシャレな「地下足袋スニーカー」というジャンルが生まれ、人気を集めています!

その機能性とデザイン性に注目されています。

洋服に地下足袋スニーカーを合わせるのもアリ!

地下足袋スニーカーは、気軽に洋スタイルに和テイストを加える事もできます。

ちなみに、洋服に和アイテムをちょい足しする事を、僕は勝手に「ちょい和」と言ってます。

羽織を洋服コーデに取り入れるメンズ達?彼らの「ちょい和」に注目必至!羽織を洋服コーデに取り入れるメンズ達が増えています!洋服に和テイストをプラスして楽しむ、彼らの「ちょい和」に注目必至!...

地下足袋でのお出かけ体験談!

江ノ島

以前、着物にそんな地下足袋スニーカーを合わせて、江の島に行った時の話。

地下足袋スニーカーで江ノ島を歩いてみた!

江の島は半ば軽登山!?

江ノ島

江の島は奥の岩屋まで行くには、なかなかのアップダウンなんですね。

行きなら「エスカー(江の島のエスカレーター)」なるものがありますが、それも途中まで。

まして、この日は早朝でその営業時間前、エスカーすら動いていない中、着物で歩いて来たんです。

江の島は半ば軽登山レベル(笑)!?

地下足袋スニーカーで楽しく歩く!

そんな時に活躍するのが、地下足袋スニーカーなんです。

多少のアップダウンも、楽しく軽快に歩けます!

江ノ島の狸

江の島の奥に行くと、人のいない早朝には、道端でタヌキやカニに出会う事も・・・。

地面のぬかるんだエリアや、磯遊びを楽しめるエリアもあります。

潮が引いて海水の残った磯には、雪駄だったら脱げるのが怖くて近づけないですね!

お洒落な地下足袋スニーカーを扱うお店

地下足袋スニーカー

せっかくならオシャレな地下足袋がいいなぁ!

って方に、おススメ2店舗を紹介!

SOU・SOU(ソウ・ソウ)

地下足袋のみならず、革新的な和装アイテムが揃うお店。

地下足袋はオリジナルブランドとして展開し、人気ナンバーワン!

お洒落なデザイン

とにかくカラフルでお洒落です。

斬新で革新的な地下足袋が揃います。

中には、ファンには涙もののコラボ商品も!

日本製の地下足袋

基本的に日本製の地下足袋のようです。

職人によるこだわりが詰まっていて、品質は折り紙つきです。

SOU・SOU基本情報

sou・sou京都 青山店

[住  所] 〒107-0062 東京都港区南青山5丁目4−24 ア・ラ・クローチェ1F
[営業時間] 12時00分~20時00分(定休日なし)

tabi-ji(たびじ)

地下足袋スニーカー

地下足袋スニーカーのセレクトショップ!

多種多様なブランドが揃うんです。

防水の地下足袋

なかなかない防水仕様の地下足袋スニーカーがあります!

防水性と透湿性を兼ね備えた全天候型のもの。

軽くて丈夫なスポーツシューズタイプです。

携帯性の高い地下足袋

携帯性の高い地下足袋もラインナップ!

行った先で履き替えるのもアリですね。

老舗メーカー「丸五」の、こはぜがついていないスリッポンタイプの足袋スニーカー。

ショートなので脱ぎ履きが楽だし、素足で履いてもいい!

柔らかくコンパクトなので、旅のお供にもいいと思います。

tabi-ji基本情報

Shop TABI-JI 鎌倉・長谷
[住  所] 〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷1丁目14−19
[営業時間] 10時00分~17時00分(定休日:木曜日)

「普段着着物に地下足袋という選択肢!」のまとめ

地下足袋スニーカー

着物初心者あるある「足袋に雪駄で地味にイヤな事」は、機動力がなくて、足が痛いし、足袋が汚れるし・・・って色々。

そこで、普段着着物に地下足袋という選択肢があって、それなら着物の雰囲気を壊さないけど機動力があり、多少の雨や悪路もへっちゃらなんです!

という話をしました。

そして、最近は地下足袋とスニーカーのいいとこ取り、かつオシャレな「地下足袋スニーカー」をおススメしました。

普段着着物なんだから、自由に色々取り入れてアレンジしてみたらいいと思います。

チャレンジしてみてね!

ちなみに普段着着物については、こちらの記事もどうぞ!

着物を普段着に!
着物を普段着にするのはおかしくない!みんなでSNS発信してみよう!着物を普段着にするのはおかしくない!だって着物は日本人が似合うようにできているから!このカッコよさをみんなでSNS発信してみよう!...

ご覧いただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
前向きのススメ
前向きさんって呼んでくださいね! こちらでは普段着着物を発信していますが、もうひとつのサイトでは僕の興味の赴くままの発信をしています! メインは池袋周辺情報です。 良かったら、そちらもチェックを!